山本 那枝子「Fun Time」59

皆さんこんにちは!DJの山本那枝子です!
本格的に寒い!!
凍えまくる山本は最近、欲しかったアイライナーを買ってテンションが上がっております
すんごいね!?すんごいのよ!!
めっちゃラメラメキラキラのアイラインなんですよ!!

とまぁそんな話は置いといて、番組が10周年ですって!
私は11歳、小学五年生かな?の時に私が今担当させて頂いてるBrandnewBlood@CROSS CAFEが始まったって。
そう、あのね?本当はその当時の思い出とか語れたらなって思うんですけど、もう呆れるくらい覚えてないんですよ。
5年生ってなんだろう、1番何も無いというか、記憶が難しい時期ですね。
強いて言うなら、担任の先生が面白い方やったなぁ…くらい?
なので、もういっそ私が番組につかせて貰ってからの話しちゃおっかな?
多分二年前くらい?専門1年の時の2月か3月くらいにこの番組のオーディションの話が来て、実はギリギリまで悩んでた記憶があります笑
私じゃなくていいんちゃうかなぁとか、人との会話ちゃんと出来るかなぁとか?
そしてオーディションを受け、しばらくしてから
私には「落ちた」という連絡が来ました。
仕方ない。実力不足だ。
そう思わざるを得ず、受かった子を笑顔で応援しました。
それからしばらくが経ち、担任の先生からトンデモ発言が繰り出したのです
「CROSS CAFEやらへん?」
…はて?

(´ρ`*)コホンコホン
とまぁそんな感じで当番組のDJをやらせていただく運びとなりました
始まったばかりの時はもう…緊張祭りですね。
毎回ゲストさん変わって、知らない環境で、もう色々初めてづくしで…
今だから言えますけど、学生時代は何度逃げたいと思ったか…((´д`)) ブルブル…
でも、回を増すにつれて「こうしたらトーク綺麗に行くかな?」「ここでもっと突っ込も!」とか試行錯誤していくうちにどんどん楽しみになっている自分がいました
そして、なにより
この番組に関わることがなかったら今後することは無かったであろう「献血」
針を刺されるのがとにかく怖くて苦手で、献血に行っても痛い思いして終わりやろうなとか思いながら手を出してこなかった献血に、番組の影響もあり行ってみた日。
怖がってた山本に優しくしてくれた看護師や献血ルームの方々が本当に神様のように見えてました( * ॑꒳ ॑*)⸝⋆。✧♡
自分の血液で誰かが救われるって、実際その立場になってみないと分からないって方も少なくは無いと思います。
それは私も同じでした。
でも、献血というひとつの人助け。ひとつのボランティアに皆様も協力して頂けたら幸いです。
皆さんの力が本当に必要なんです。
この番組をきっかけに、もっとたくさんの方が献血にご参加いただけるよう精一杯頑張って行きたいと思っております!!

ながながとお話しましたが、結局何が言いたいかって
【献血へのご協力お願い致します!!】
【この番組をもっともっと愛してください♡♡】以上!

“山本 那枝子「Fun Time」59” への1件のフィードバック

  1. pistol より:

    とりあえず今月中(年内)に献血行く事を目標に掲げます! (^-^)/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ