ハンドパンの魅力_SHU

10月16日はゲストに「SHU」さんをお迎えします。

ハンドパン奏者として活動するSHUさんは、楽器共々番組初登場になります。

見慣れない楽器であるハンドパンですが、カリブを代表する楽器スティールパンをルーツに持つようで、この珍しい楽器とどうやって出会い、深く関わるようになったのか興味津々です。

実を言うと運営もSHUさんをきっかけにハンドパンを知ったのですが、見慣れない楽器と言いつつ、一度聴いただけでその魅力に取りつかれる気持ちがわかるような気がします。

SHUさんはハンドパン奏者としてソロだけではなく、2019年4月からアコースティックユニット「the caves×SHU」を結成し、活動の幅が広がっているようです。
既に2枚のミニアルバムがリリースされていて、今回は2ndの『朝がくれば』を引っ提げて登場なので、いろいろとお聞きしたいと思います。

演奏活動以外にも、レッスンや楽器の販売などを手がけるなど、まさにハンドパン一色のアーティストSHUさんの魅力に迫っていきます。

スタジオライブではハンドパンの音色を目の前で体感して欲しいので、ぜひ御堂筋献血ルームCROSS CAFEへ遊びに来てください。
そして、献血へのご協力もお願いします。

番組からのお願いが2点。
入場の際は手指消毒・検温・マスク着用にご協力下さい。
観覧者が多数となる場合は、入場制限させて頂きます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ