賛否両論_ゆしん

1月16日はゲストに「ゆしん」さんをお迎えします。

2014年7月以来、なんと6年半ぶり2回目の登場となります。

京都大学を卒業し税理士として仕事をしながらアーティスト活動を続けているゆしんさん。
歌う税理士という異名もあり、音楽活動も途切れることなく続けています。

そんなゆしんさんは、昨年12月2日にニューアルバム『賛否両論』をリリースしたばかり。
何か意味深であり、挑戦的でもあるこのタイトル。

何が良くて何がそうでないのか、何に賛同して何を否定するのか。
昨今の世の中を見ても、今ほどこの言葉に接することが多い時はないのではないかと考えさせられます。

それに加えて、ゆしんと言うアーティストの作り出す音楽の世界観。
13曲それぞれに個性があり、彼でないと作り出せない楽曲たちは、好き嫌いの次元とは別の感覚で、リスナーに賛否を突きつけてくるような印象がある。
それでいてアレンジは幅広いジャンルでよく練られているので、とても聴きやすいサウンドに仕上がっている。

1枚のアルバムを通して、アーティストゆしんが何を伝えようとしているのか?
インタビューでは核心の部分も含め、いろいろ聞いていきたいと思います。

リアルな歌声でのスタジオライブも楽しめるので、ぜひ御堂筋献血ルームCROSS CAFEへ遊びに来てください。
そして、献血へのご協力もお願いします。

番組からのお願いが2点。
入場の際は手指消毒・検温・マスク着用にご協力下さい。
観覧者が多数となる場合は、入場制限させて頂きます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ