2016年度のトピック

3月18日は、月に一度のお休みで、次回は25日です!

2016年度も残すところ、後1回の実施となりました。


今回は、今年度のトピックをいろいろと振り返ってみます。

まずは、月イチの高校生以外に、隔月ペースで大学生や専門学校生に
出演してもらったことでしょうか。

10代から30代の献血者が10年前に比べると、30%も減少しているので
若い世代への直接訴求の手段として枠を設けてきましたが、それ以上に収穫だったのは
音楽活動している若者は、イキイキとした表情をしてる人が多いなぁと感じたこと。

そもそも音楽の力を利用するべく始めた企画番組なので
それが実感できたのは、なんとも嬉しい話です。

高校生は軽音楽部が主体ですが、大学となると、JAZZ研究部やアカペラサークルなど
いろんなジャンルで登場してくれるので、幅も広がりました。
来年度は、邦楽部(琴・笛など)やマンドリンなども、交渉したいと狙っています。


つづいて、昨年11月に御堂筋献血ルームCROSS CAFEが、オープン5周年を迎えたので
同じく5周年の番組では、12月の1ヶ月間をスペシャルマンスリーと題して
高校生や大学生・専門学校生のみのゲストで彩れたのも大きなトピックでした。


また、日本赤十字社で1月2月に実施していた「はたちの献血キャンペーン」の際に
期間中初めて献血した方に、イメージキャラクターである羽生結弦選手の
クリアファイルをプレゼント!というお知らせを写真付きでツイートしたところ
リツイート・いいねの多さから、3万人以上のツイッターユーザーに届いたようで
羽生君の人気の高さを実感したと共に、少しでも献血が話題になったのが嬉しかったです。


現在は、来年度に向けての準備も進めており、もう少しで新しい話題も提供できそうです。

今年度の最後を締めくくる、25日は高校生の日で、大阪ビジネスフロンティア高校と
金岡高校が登場してくれます。


もともと冬場は血液が不足しがちなうえに、寒さの影響で体調を崩す人が多くなり
現在、献血者が非常に減少していますで、ぜひとも400ml献血へのご協力を
よろしくお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ