京都から初登場2校_高校生

10月15日は、月イチレギュラー「高校生の日」。

両校とも京都からで、初登場となる嵯峨野高校と莵道高校をお迎えします。

嵯峨野高校 軽音楽部は、校内ライブや他校との合同演奏会、コンテスト等は
全員参加で取り組み、今後は外部への活動もさらに広げていきたいそうです。

ちなみに、軽音楽部以外で気になったのは、華道部、茶道部などもそうですが
狂言部や小倉百人一首かるた同好会などは、やはり京都らしい一面なんでしょうか。

莵道高校 フォークソング部は、勉強を含め充実した学校生活と音楽活動の両立を目標に
40名以上の部員が活動しています。

莵道祭や芸術祭、批評会など校内での演奏会だけでなく、外部のオーディションや
他校との合同演奏会などにも積極的に参加中だとか。

今回両校とも、事前の演奏曲確認では、ボカロ系の楽曲が多かったのが印象的で
若者たちのボカロ系に対する関心の高さが伺えます。

著作権の問題で演奏できない曲もあったので、最終的には1曲だけが選ばれてますが
少人数のアコースティックスタイルで、ボカロ系をどうアレンジしてるのかも
聴きどころかもしれません。


いつも出演してくれる大阪をはじめ滋賀の学校もそうですが、いずれも共通しているのは
バンド活動は教育の場として優れていると考え活動されていること。

バンド活動を通じて知識や技術、音楽愛だけでなく、人前で発表する勇気、表現力
時間を守るなどのマナー、挨拶や敬語などの礼儀、コミュニケーション能力なども
身につけることがでるという考えでされてますね。


10月15日はぜひ、高校生のフレッシュなライブとトークを楽しみに
御堂筋献血ルームCROSS CAFEへ遊びに来てください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ