JAZZの魅力を♬_大阪大学 JAZZ研究部

4月23日は、「大阪大学 JAZZ研究部 desafinado(デサフィナード)」をお迎えします。

今年度から、月イチレギュラー「高校生の日」にプラスする形で
大学生や専門学校生にも枠を広げて出演してもらうことになりました。

前年度比 1.5倍!!

偶数月で大学生が登場しますが、月によっては高校生が2回の時もあると思います。


さて、その第1回目となるのが 大阪大学 JAZZ研究部ですが、単純に◯◯部じゃなく
desafinadoという名前が付いており、この意味や歴史などは番組で聞いていきましょう。

今年度の大学生が初なら、番組としてJAZZ演奏をしてもらうのも初で
いったいどんなライブを披露してくれるのかワクワクします♬

JAZZにはスタンダードという言い方がありますが、昔からたくさんの人に演奏されている
名曲中の名曲、あるいは定番中の定番であり、誰しもどこかで一度くらいは
耳にしたことがあるかもしれないナンバー。

desafinadoの演奏はスタンダードナンバーからの選曲が中心のようです。

ちなみに軽音楽部や吹奏楽部と違って、JAZZ研究部があるのは大学の方が多い気がします。
高校生からJAZZっていうのは敷居が高いんでしょうか?

とはいえ、部員には楽器未経験の人も多いようで、高校でJAZZやりたかったけど
別の部で我慢してたという訳でもなさそうですね。

即興演奏で楽しくっていうのがJAZZの醍醐味でもあるので、部員の皆さんを観てれば
面白さが伝わってくるのだと思います。


4月23日は「大阪大学 JAZZ研究部 desafinado」の素敵なJAZZ演奏を聴きに
御堂筋献血ルームCROSS CAFEへ遊びに来てください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ