アコースティックの強さ_四人トリオ

2月20日はゲストに「四人トリオ」をお迎えします。

2014年の12月以来2回目の登場ですが、今回は3人での出演になります。
MaestroのMC KAYさん、Acoustic GuitarのKGさん、Acoustic BassのRYOさん。
そして、残念ながら今回は欠席となりるCajonの北斗さんの4人で「四人トリオ」。

四人トリオの最大の特徴は、『アコースティックHip-Hopバンド』であること。
上記の紹介にもあるように『Acoustic』というのは番組に合わせたスタイルではなく
彼らの正式な表現なんです。

他に類のないジャンルを作り、活動を続けて3年余り。
昨年11月には2枚目となるミニアルバム『アコースティックHip Hop』をリリース。

自分たちのスタイルをそのままアルバムタイトルに持ってくるあたりは
これまでの活動において生まれてきた自信と、これからの展望(野望かな)を
明確にできた証なのではと想像します。

1枚目のミニアルバム『四重奏』が、“まずはご挨拶″の位置付けで
アコースティックHip-Hopバンドってこんな感じだよと、説明したのであれば
2枚目の『アコースティックHip Hop』はより進化し、サウンドの可能性を
広げていくという作品ではないでしょうか。

その辺りはメンバー自身からたっぷりと語ってもらいましょう。

それにしても『アコースティックHip Hop』というのは、ライブハウスをはじめ
ストリートでも番組用のスタジオライブでも、常に同じ音が出し続けられるという
とても強力なメリットを持つスタイルだなぁーと、改めて感じます。

2月20日は、そんな四人トリオの魅力を体感できるトークとライブを観に
御堂筋献血ルームCROSS CAFEへ遊びに来てください。


寒くなると外出を控えたり、風邪をひき薬を服用したりで献血する方が
減ってしまいます。(服用する薬によって献血できない場合があります)
いつも冬場は血液が不足しますので、献血へのご協力をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ